肌の赤み・かゆみの原因は?敏感肌が引きおこす症状とは

 

肌が赤くなっちゃったりかゆくなっちゃったりするのって、肌が乾燥してしまっているからなんです。もちろん時期的に乾燥する時期などもありますが、肌のケアを間違ってしまったり年齢を重ねていくことで、乾燥して肌の赤み・かゆみが出やすい敏感肌になってしまっているからなんです。敏感肌になることで肌にどんな影響を与えてしまうのか、なんで赤み・かゆみを感じることが乾燥していることに関係してくるのか、それを踏まえたうえでできる敏感肌対策を紹介していきます!

 

 

■敏感肌が引き起こす症状

 

・赤み
・かゆみ
・かさつき
・ひびわれ
・痛み

 

「かゆい」と感じる状態は、肌が「痛い」と感じる一歩手前の症状であり、そのまま放っておくとひび割れや出血に繋がる可能性もあります。かゆくて掻きむしったりなんかしたらなおさら痛みへの進行は早まってしまいます。出血した部分からばい菌が入り込み、膿んでしまう…なんてことも無きにしもあらずなので、ひび割れを起こす前の赤み、かゆみの段階で対策をしましょう。

 

 

■赤み・かゆみの原因

 

まずは痛みやひびわれに発展させないためにも、赤み・かゆみの原因を理解して、慎重にケアをしていくことが大切です。肌は歳を重ねたり刺激を与えられると、皮膚内部にあったコラーゲンが減少していくことで肌の水分がどんどん失われていき、肌自体が薄くなる「菲薄化」を起こしてしまいます。それにより肌は水分が足りなく、少しの刺激でも肌トラブルがおきやすい敏感肌になってしまうため皮膚が炎症を起こし、赤み・かゆみが発生するようになってしまいます。

 

赤み・かゆみを治そうとムキになり過度にゴシゴシ洗いすぎたり、洗顔料をたくさんつけしてしまうのも逆効果です。なるべく肌への刺激を抑えるべき状態であり、普通に生活していても紫外線や外気などで刺激が与えられてしまうので、スキンケア自体は非常に優しく行うことが重要です。

 

 

 

■保湿で敏感肌対策!

 

敏感肌による症状を抑えるために最も重要なことは「保湿」です。肌に水分を与えてそれを留まらせる、いわば「枯れない」状態にしておくことで肌の菲薄化が防げます。敏感肌の方だと普通の化粧品を使うと、一時は肌に水が浸透し潤ったように感じますが、すぐに乾燥してしまいます。
それは、普通の化粧品だと「保湿」をすることよりも「美容成分」を浸透させることを重視しているからです。そのため、肌に赤み・かゆみを感じる状態で普通の化粧品を使うと、美容成分が肌に与える刺激が強すぎて肌トラブルを進行させる可能性もあります。

 

 

そこで、敏感肌の方は敏感肌用の化粧品を利用することをおすすめします!保湿効果を高めることと、肌に刺激を与えやすいアルコール成分や合成香料などを大幅にカットすることで、とても敏感肌に対して優しい設計で作られていることが特徴です。肌に赤み・かゆみの症状が出るほどだと、敏感肌がかなり進行している状態と言えるので、まずは保湿をして乾燥を防ぐことが最優先です。肌を保湿する製品としてなじみの深いものは「ワセリン」などが挙げられます。

 

しかし残念ながらワセリンでは美容成分はほぼ含まれていないため、美容効果などは期待できません。そこで、しっかり保湿をしながら綺麗にもなれる化粧品を紹介していきます!

 

 

■ディセンシアから発売されている敏感肌用化粧品でキレイになりながらしっかり保湿!

 

 

ディセンシアでは化粧品業界大手のポーラ・オルビスグループの「ポーラ研究所」と連携して商品開発をする際に、専門家が立ち合いのもとアレルギーテストやモニターテストを繰り返すことで敏感肌の方が安心して使えるように、より少ない刺激、より高い効果の製品を作り上げています。

 

 

・脅威の保湿力「つつむ」

 

「ヒト型ナノセラミド」と言う人体の細胞と全く同じ構造のセラミドを利用することで、肌の内部で不足し乱れているセラミドの空きスペースに、ぴったりと入り込むことができます。つまり、隙間なく、肌に潤いを与えることができます。更に「ヴァイタサイクルヴェール」という特許技術により、肌の表面に薄い膜を張り肌を包み込むことによって、乾燥や紫外線といった外部刺激からの保護をするバリア機能を高めます。
同時に肌に浸透した水分を閉じ込め蒸発を防ぐことにより、肌の内部の潤いをしっかり保つことができます。厳選した5種類のアミノ酸を使うことでコラーゲンの生成も手助けできるため、美容効果も高いです。

 

>>肌のかゆみを保湿力で改善!!ディセンシアのつつむ実際につかってみました!

 

 

・エイジングケアもできる「アヤナス」

 

コラーゲンの生産量を活性化させる「CVアルギネート」は、従来の無添加品よりも肌のハリ・弾力を170%アップし、「ローズマリーエキス」を含むことによりメラニンの発生を抑制し肌のくすみを抑えるなど、今までの敏感肌用の化粧品とは段違いの、普通の化粧品顔負けの美容効果を持っています。業界初の「ストレスケア」朝鮮人参エキスを使った血流促進や天然香料を使っててリラックス効果を与えるなど、敏感肌の原因でもある「ストレス」にもアプローチしたつくりになっています。「つつむ」同様のヴァイタサイクルヴェール技術により保湿力もばっちりです!

 

>>肌荒れをケアしながらエイジング!ディセンシアのアヤナス実際に使ってみました!

 

 

 

■まとめ どちらを使ってもOK!

 

現在、「つつむ」でも「アヤナス」でもトライアルセットが販売されているので、そちらから始めてみることをおすすめします。肌の赤み・かゆみが酷くて痛みに変わる一歩手前だからとにかく保湿したい!という方であれば保湿力の高い「つつむ」最近ちょっと赤み・かゆみを感じるから対策をしたい!という方であれば保湿をしながら普通の化粧品に近い効果が得られる「アヤナス」など、自分の肌の状態によって選んでみるといいかもしれません。

 

敏感肌対策と言えば「保湿」こう言っても過言ではありません。若々しい肌を保つためにも、乾燥を防ぎ潤い肌を手に入れて、脱・敏感肌を目指しましょう!