唇がかぶれても使える低刺激の化粧品ってあるの?

 

ふっくらとツヤのある唇はとても魅力的ですよね。しかし乾燥してカサカサになったり、切れてただれてしまったりと、唇は荒れてしまうことが多い部位。特に敏感肌の方は、唇のかぶれに悩まされることも多いでしょう。ここでは唇がかぶれてしまう原因と、敏感肌の方に合う化粧品の選び方をお伝えしていきます。

 

 

■乾燥や皮むけを引き起こす「口唇炎」とは

 

唇のかぶれにはいくつかの原因がありますが、主な原因は口唇炎(口角炎)です。口唇炎とは、唇や口角に炎症や湿疹が見られる症状のことで、体調不良の際に発症しやすいのが特徴です。口唇炎を引き起こす原因には、アトピーや人との接触、洗浄剤や化粧品によるものなどがあります。アトピー性の場合は唇がガサガサになり、亀裂や皮めくれが生じ色素沈着を引き起こすことも。

 

また唇は外部の刺激に弱く、リップクリームや洗顔料、香辛料を使用した料理でも荒れてしまうことがあります。そして乾燥を防ごうと頻繁に唇を舐めることも、唇が荒れてしまう原因となります。

 

 

■なぜ唇の皮膚は敏感なのか

 

 

体の中でも特に敏感なのが唇の皮膚。唇が荒れやすいのは、構造に原因がありました。皮膚には細胞間脂質と皮脂膜が存在し、これらによって肌の潤いが保たれています。

 

しかし唇には細胞間脂質がごくわずかしか存在しません。また皮膚を覆う皮脂膜が存在しないため、水分を保つことが難しいのです。

 

そして外部刺激から皮膚を保護する角質層が非常に薄く、外からの刺激に弱い構造となっています。他の部位と比べて敏感な唇は、化粧品や紫外線、花粉などの刺激に常に晒されています。特に女性は毎日のようにメイクをすることも多いため、唇が慢性的に荒れてしまうことも少なくありません。

 

■唇のかぶれを改善するには

 

 

口唇炎のほとんどは、薬などを使用しなくても自然に改善していきます。しかし敏感肌の方は症状が長期化することも多く、色素沈着となり跡が残ってしまうこともあります。なかなか改善しない場合は、医師の診察を受けるようにしましょう。

 

・刺激となるものを避ける

 

前述したように、唇は外部の刺激に非常に弱い部位。そのため刺激となるものはできるだけ避ける必要があります。刺激のある食べ物は控え、強い成分の入った化粧品や洗浄剤は使用しないようにしましょう。

 

・栄養をしっかりと摂る

 

唇も肌と同じように、栄養不足が原因で荒れやすくなります。肌の状態を整えるためには、栄養をしっかりと補うことが大切。特にビタミンは荒れた皮膚を回復させる効果もあるため、意識して取り入れるようにしましょう。また、睡眠をしっかりと取り免疫力を高めることも大切です。

 

 

■唇がかぶれている時の化粧品選び

 

唇が切れていたり、皮がめぐれていたりする時に化粧品を使うと沁みることがあります。一般的な化粧品は、肌が荒れている状態で使用するには刺激が強すぎます。アルコールや香料、紫外線吸収剤を使用しているものも多く、これらの成分が唇のかぶれを悪化させてしまうこともあるのです。

 

・敏感肌用が低刺激とは限らない

 

唇がかぶれている時には、低刺激の化粧品を使用する必要があります。低刺激というと敏感肌用の化粧品をイメージしますが、敏感肌用だから安心というわけではありません。

 

実は敏感肌用と謳っている化粧品は、刺激のある成分を取り除き保湿成分を入れただけのものが多いのです。もちろん一般的な化粧品と比べれば肌に優しいのですが、保湿成分のみでは肌のバリア機能を強化することが難しいのです。

 

そのため、保湿成分だけではなく外部刺激から肌を守ってくれる化粧品を選ぶことが重要となります。

 

 

■バリア機能を徹底サポートするディセンシア化粧品

 

 

ディセンシアとは、ポーラ・オルビスグループが販売している敏感肌向けの化粧品ブランドです。いくつかのシリーズに分かれているのですが、中でもバリア機能と保湿に特化したのが「つつむ」の化粧品。敏感肌に優しく低刺激というだけでなく、敏感肌の人がよりキレイになれるよう作られたのがつつむ化粧品なのです。

 

 

・つつむ化粧水の特徴

 

つつむ化粧水の特徴は「チェーンモイスチャライジングシステム」。ナノ化されたヒト型セラミドが細胞間脂質にセラミドを補給し、角質層の奥まで浸透。そして必須保湿成分であるアミノコンプレックスが、角層の細胞に潤いを与えてくれます。さらにエモリエントプール成分が水分の蒸発を防ぎ、肌の保水機能を高めます。

 

 

・クリームで外部刺激をブロック

 

つつむクリームの特徴は、特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール」。肌表面を覆うことで雑菌や花粉などの外部刺激から肌を守り、ヒト型ナノセラミドが角質のすみずみまで浸透し保水します。角質の代わりとなることで、肌本来の機能を高め生成をサポートしてくれるのです。

 

 

■ディセンシアなら唇がかぶれている時でも安心

 

ディセンシアのつつむは、唇のかぶれに刺激となるアルコールや香料、紫外線吸収剤を使用していません。さらにアレルギーテストや皮膚科医立ち会いによるモニターテストを行うなど、安全性に徹底的にこだわって作られています。そしてディセンシア独自の特許応用技術によって、肌本来のちからを再生することができるのです。

 

肌が敏感な時でも使用でき、さらに使い続けることで肌の再生力を高めてくれるディセンシアのつつむシリーズ。唇がかぶれやすい方でも安心の化粧品となっています。

 

>>超敏感肌でも安心!低刺激の化粧品つつむを実際に使ってみました♪