弾力が低下した枯れ肌から復活させるエイジングケア

 

20代まではどうということがなかったのに、30代半ばを過ぎたあたりから、どのような化粧品を使用しても吸収が悪く、どうかすると過敏な反応を示してしまう…。このような悩みをお持ちのあなた、それはもしかすると、”枯れ肌”の状態が起こっているのかもしれませんよ。

 

 

■枯れ肌ってどんな状態?

 

枯れ肌は、表皮のバリア機能が低下してしまい、微弱炎症を繰り返す状態です。枯れ肌の状態が起こるとお肌はハリや弾力を失い、ちょっとした外部からの刺激にも敏感に反応する、いわゆる敏感肌の状態となります。ではなぜ、お肌がこのような状態になってしまうのでしょうか?

 

 

■枯れ肌の原因はなに?

 

ひとつ目に考えられるのは、加齢による皮下のコラーゲン組織の断裂です。私たちの体内には生まれつきコラーゲン線維が存在し、エラスチンという成分がコラーゲン繊維同士をつなぎ合わせる働きをしています。そして、コラーゲン繊維同士の間にできるわずかな隙間を埋めるように、ヒアルロン酸が存在しています。ところが、加齢とともにこれらの成分が体内から減少し、さらに、コラーゲン分解酵素であるMMP1が増加してしまうと、お肌は老化に追いやられ、ハリや弾力を失うことになります。

 

そしてふたつ目には、間違ったスキンケアが挙げられます。お肌のターンオーバー機能の正常化に役立つのがピーリングによるケアですが、これをあまり頻繁に行ってしまうと、ターンオーバーが必要以上に早まり、最終的にバリア機能が整わずに枯れ肌となってしまう可能性が考えられます。

 

 

■枯れ肌を予防するには?

 

 

まず、過剰なピーリングケアは絶対にやめて、入念な保湿ケアを行ってみましょう。とはいえ、この保湿ケアの方法を間違ってしまうと枯れ肌の改善につながらないこともありますので、まずは正しい保湿ケアの方法をマスターしてみましょう。特に注意をしなければならないのが、お風呂上がりや洗顔直後のお肌です。お風呂上がりや洗顔直後のお肌にはまだ水分が残っているため、ついつい放置してしまいがち。ところが、お風呂上がりや洗顔後のお肌をそのまま放置しておくと、あっという間に水分が蒸発して行きます。

 

たとえば、お風呂上がりや洗顔後にお肌が突っ張ることはないでしょうか?これこそがお肌の乾燥のサインであり、このサインを無視して長時間保湿ケアを行わないでいると、角質層の水分はますます蒸発して敏感肌から枯れ肌を誘発します。

 

それには、エイジングケアを行うことが先決。まず、お風呂上がりや洗顔後には、5分以内に化粧水でお肌に水分を補充しますが、このときには使用する化粧水をケチらずに、顔全体が濡れる量の化粧水を手に取り、じっくりとお肌に馴染ませるのがコツです。

 

 

これにより、角質層へ効率よく水分が送り届けられることになり、敏感肌が発端となって起こる枯れ肌予防に役立ちます。さらに、乳液で油分を補い、クリームで栄養分を補充しておけば表皮には薄い膜ができますので、角質層への刺激物侵入を防ぐことができ、枯れ肌予防につながりますよ。

 

■化粧水がなかなか馴染まない!そのようなときには?

 

バリア機能を失ったお肌はしばしば砂漠にたとえられることがありますが、敏感肌が発端となって起こった枯れ肌はまさに砂漠そのもので、水分を補充しようとしても、なかなか吸収してくれないことがあります。では、このような状態が起こってしまったら、いったいどうすればよいのでしょうか?

 

まず試して頂きたいのは、ブースター化粧品を使用してみるということです。ブースター化粧品とは、試用する化粧品に配合されている美容成分をお肌に吸収させやすい状態にするための化粧品で、プレ化粧水などと呼ばれることもあります。

 

また、シートタイプのマスクの使用も効果的ですが、この場合では、お肌に貼り付けたマスクが乾燥すると、お肌の水分が奪われてしまうことが考えられますので、必ず使用時間を守って使用することを心がけましょう。

 

 

■エイジングケアに効果的な成分って?

 

加齢によって皮下の美容成分が減少し、さらにMMP1によって壊されたコラーゲン線維は、残念なことに元の状態に戻すことが困難です。ですが、角質層から保湿成分を根気よく皮下に送り続ければ、かなりの確率で敏感肌の改善を見込むことができ、枯れ肌予防に役立ちます。

 

では、エイジングケアに役立ち、なおかつ敏感肌を改善するためには、どのような成分を配合した化粧品を使用すべきなのでしょうか?角質層を保湿し、敏感肌の改善やエイジングケアに役立つ成分、それはズバリ、セラミドです。私たちの角質層の内部には細胞間脂質が存在し、その構成成分のほとんどがセラミドであるため、セラミドを外部から根気よく皮下に送り込むことにより、角質層の水分保持機能か保たれます。つまり、破壊されたバリア機能を取り戻す効果を期待できるということになり、これが敏感肌による枯れ肌の予防に役立つということですね。

 

また、現在販売されているセラミド配合の化粧品にはさまざまな種類がありますが、高性能な製品の場合ではヒト型セラミド(成分表示:セラミド1、セラミド2、セラミド3)が配合されていますので、必ず配合されているセラミドの種類に注意を払いながら、敏感肌や枯れ肌などのエイジングケアに役立つ製品を選ぶことを心がけてみて下さいね。