ラメラ構造化粧品コンシダーマル@シミ・毛穴に嬉しい効果あり?

次世代オールインワン美容液「コンシダーマルスキンライズローション」はラメラ構造化粧品として人気です。最近よくラメラ構造という言葉を耳にするようになりましたが、まだ何のことか分からないという人も多いのではないのでしょうか。そこで、ラメラ構造とはなんなのか、ラメラ構造化粧品とはどのような化粧品のことを言うのか詳しく調べ、普通の保湿化粧品とラメラ構造化粧品コンシダーマルではどんな違いがあり、肌にどのような効果をもたらすのか説明します。コンシダーマルでラメラ構造を整えることでシミや毛穴にどのような効果があるのか詳しく解説しているので、シミや毛穴の悩みを抱えている方は参考にしてください。

 

【目次】
1.コンシダーマルスキンライズローションのラメラ構造化粧品の効果とは
  1-1 コンシダーマルのラメラ構造とは
  1-2 ラメラ構造化粧品コンシダーマルの効果
  1-3 普通の保湿化粧品とコンシダーマルの違い
2.ラメラ構造化粧品コンシダーマルスキンライズローションがシミや毛穴にどのような効果があるのか
  2-1 コンシダーマルシミへの効果
  2-2 コンシダーマル毛穴への効果
3.ラメラ構造化粧品コンシダーマルスキンライズローションまとめ

 


コンシダーマルスキンライズローションのラメラ構造化粧品の効果とは

最近はよくラメラ構造と聞きますが、ラメラ構造とは何のことか実際に分かっている人は少ないのではないでしょうか。「詳しいことは良くわからないけど横文字だしすごそう」そんな感覚で、ラメラ構造の効果もラメラ構造の仕組みのことも知らずに買ったら、とても残念なことです。仕組みや効果を理解した上で自分に合うかどうかを判断しなければ、どんなにいい化粧品だとしても無意味になってしまうこともあります。まずはコンシダーマルのラメラ構造や、その効果についてしっかりと理解してから、購入を検討してみましょう。

 

コンシダーマルのラメラ構造とは
コンシダーマルのラメラ構造を説明する前に、私たちのお肌のラメラ構造について説明させてください。ラメラ構造は私たちのお肌のうるおいを維持してくれている、とても重要な構造なのです。皮膚のラメラ構造とは、肌の内部の「水分と油分がミルフィーユ状に並んだ状態」のことを言い、このラメラ構造が乱れてしまうと、あっという間にお肌はボロボロになってしまいます。

そもそもお肌の表面には、角質と言う「死んだ細胞」がレンガのように並んでいます。「死んだ細胞」と言いましたが、角質には「外部刺激からのバリア&ラメラ構造の水分の蒸発をブロック」してくれるという、とても大切な役割があります。角質が無くなってしまったら「24時間以内に、人間は体内の水分が全部蒸発して死んでしまう」と言われているほどなんですよ。ところが、この角質は死んだ細胞なので、ラメラ構造からの水分供給が絶たれてしまうと、あっという間にカサカサになって、段々と変色して固くなり、バリア機能やブロック機能が失われてしまいます。

ラメラ構造と、角質の両方がしっかりと機能していなければ、私たちのお肌の健康は保たれないのです。そのとても重要なラメラ構造は、加齢によって徐々に乱れてしまい、きれいなミルフィーユではなく上から潰された歪なミルフィーユに変化し、角質のバリア、ブロック機能は十分に機能しません。だから、年齢と共に肌は潤いを失い、カサカサしてしまうんですね。
この、負のスパイラルを断ち切ってくれるのがコンシダーマルのラメラ構造「ラメラテクノロジー」なのです。

コンシダーマルは肌を構成する成分と同じ成分で、ラメラ構造になっています。簡単に言ってしまうと、「コンシダーマルは肌成分とラメラ構造を完全に100%実現した化粧品」なのです。ラメラ構造を100%実現したのは世界初の技術で、「ラメラテクノロジー」は特許も取得している技術なのです。それだけ画期的で、最新の技術が凝縮されているのが、「コンシダーマルスキンライズローション」という訳です。

 

ラメラ構造化粧品コンシダーマルの効果
コンシダーマルの構造が分かったところで、お肌への効果を見てみましょう。コンシダーマルは先ほどお話した通り、肌と同じラメラ構造で、お肌と構造も全く同じなので「浸透力」が凄く、他の化粧品と比べ物にならないほど潤いの持続力も桁違いです。ラメラ構造の成分は、通常の化粧品よりも浸透力が2倍アップするということが分かっています。ラメラ構造のコンシダーマルが肌にに浸透することによって、乱れたラメラ構造を規則正しい本来の姿に導いてくれるのです。

赤ちゃんのお肌は、毛穴なんて全く見えないモチモチでスベスベの肌ですよね。しかし、実は水分量、油分量共に大人の1/3しかありません。ではなぜ、あんなに潤っているのかと言うと、ラメラ構造がしっかりと整っているからなんです。

コンシダーマルは、ただ水分を補給するだけでなく、ラメラ構造を整えることができるので、使い続けることで赤ちゃん肌に近いキメが整った自ら潤うお肌を実現できます。潤いの浸透力と持続力が凄いと言うことは、どういうことかというと「ほとんどの肌トラブル」から解放されるということなんです。
私たちのお肌に起こるほとんどのトラブルは、乾燥が原因と言われています。要するに、シミ、毛穴の開きはもちろん、ニキビ、毛穴の汚れ、小じわ、たるみ、と言った、憎たらしい肌トラブルも乾燥を防ぎ潤いをキープすることで徐々に解消されていくので、コンシダーマルを使い続けることで、トラブル肌や年齢肌から解放され、モチモチスベスベの潤った肌に生まれ変わることが出来るということなのです。

 

普通の保湿化粧品とコンシダーマルの違い
「潤いをキープするだけなら普通の保湿化粧品でもできるのでは・・・?」と思いませんか。確かに、巷には数えきれないほどの保湿化粧品があふれています。
しかし、特許技術ラメラテクノロジーを使って作られているのはコンシダーマルすきらいずローションだけです。コンシダーマルはラメラ構造だから、ただ水分を補給するだけではなく、お肌の内部のラメラ構造を整えて、自ら潤うお肌にしてくれるのです。例えるなら、普通の化粧品が「植木鉢のチューリップに水をあげている」のだとすると、コンシダーマルは「水耕栽培のヒヤシンス」です。渇いた土に水をあげるのではなく、常に水を蓄えた状態にするのがコンシダーマルなのです。

なので、ローションタイプでサッパリとした使い心地なのに、通常の化粧品とは比べ物にならないほど潤います。
これだけの効果を得ようと思ったら、普通の化粧品であれば、ライン使いするしかありませんが、コンシダーマルはオールインワン美容液だから1本で完了です。そして、たった1本だけのスキンケアなので、摩擦などによりお肌を傷めるということもありません。
ラメラ構造化粧品コンシダーマルは、効果的にも、金銭的にも、時間的にも、すべてにおいて普通の保湿化粧品よりも優れていると言っても過言ではありません。ぜひ、コンシダーマルスキンライズローションでラメラ構造を整えて、くすみのない透明感のある肌を手に入れてください。

 

 


ラメラ構造化粧品コンシダーマルスキンライズローションがシミや毛穴にどのような効果があるのか

コンシダーマルが、女性のの最大の悩みと言ってもいい「シミ」「毛穴」にどのような効果があるのかを確認してみましょう。この2つの悩みが解消されるだけで、見た目年齢も若くなり、年齢肌の悩みがほぼ解決できるほどの大切な要素なんですよ。

 

コンシダーマルシミへの効果
コンシダーマルスキンライズローションは、美白化粧品やシミ消し化粧品ではありません。だから、「使い始めて3日でシミが消えて、肌が明るくなった!」という劇的な効果は期待できません。そもそも、そんなにすぐにシミが消えるのは、美容クリニックなどのシミ取りレーザーぐらいです。しかし、コンシダーマルにはセラミド、ヒアルロン酸、スクワラン、エラスチン、ホホバ種子油などの多くの美容成分も配合されているので、その優れた成分たちが、お肌のラメラ構造の乱れをきれいに整えてくれます。乾燥肌は、ラメラ構造の層が乱れていて角質が潤いを失うので、肌色がくすんでくるのですが、コンシダーマルによってラメラ構造が整頓されると、自然にくすみが取れて透明感のある本来の肌を取り戻します。

さらに、ラメラ構造が正常になることで、お肌のターンオーバーも正常にし、シミがある古い角質が徐々に剥がれ落ちてきます。つまり、「コンシダーマルのシミ取り効果は、即効性はなく直接シミに作用するものではありませんが、徐々にシミだけではなく肌全体のくすみをとりながら、効いてくる」と言えるでしょう。

 

 

コンシダーマル毛穴への効果
毛穴は、乾燥肌の人にとってもオイリー肌の人にとっても、とても深刻な悩みのひとつですよね。毛穴の開きは、オイリー肌だけの問題と思われがちですが、乾燥肌の人の毛穴もぱっくりと開ききっていることがあります。実はオイリー肌と乾燥肌とでは、毛穴が開く原因は違いますが、共通して言えることは、顔の毛穴が開いていると肌年齢が上がり、実際の年齢よりも老けて見えてしまうことです。オイリー肌の場合は、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴の内部に皮脂や汚れが詰まって角栓になり、毛穴が開いてしまい凄く存在感を放ちます。

乾燥肌の毛穴は、水分不足によりお肌がたるんで、毛穴が引っ張られて伸びきり、触るとザラザラする状態になります。人によっては「鼻回りはオイリー肌の毛穴」で「頬とあごは乾燥肌の毛穴」という、ダブルパンチの毛穴に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。オイリータイプの化粧品を使えばいいのか、乾燥肌タイプの化粧品を使えばいいのか迷ってしまうところですが、これらの悩みはコンシダーマル1本でで解決できます。そもそも、オイリー肌も乾燥肌も、根本的な原因は一緒で、「肌内部の乾燥」です。オイリー肌は、ラメラ構造が乱れたことによりお肌が乾燥しすぎるために、「皮脂を出すスイッチ」が過剰に反応して、皮脂を沢山出していることが原因です。
乾燥肌は、言うまでもなくラメラ構造の乱れによる水分不足です。なので、どちらのお肌もラメラ構造を規則正しくして、十分な水分を補給してあげることで、水分量も油分量も適量のお肌になります。

そうなれば自然と、角栓が詰まった開き毛穴や乾燥たるみ毛穴も、キュッと引き締まった「きめの細かい赤ちゃん肌」に近づきますよ。コンシダーマルは「開いた毛穴を引き締める」のには最適な化粧品と断言できます。

 

 


ラメラ構造化粧品コンシダーマルスキンライズローションまとめ

オールインワンと言えば、べたっとしたゲル状やクリームタイプのものが多いイメージですが、ラメラ構造化粧品のコンシダーマルスキンライズローションは、普通の化粧水のような「ローションタイプ」の次世代オールインワン美容液です。
大きく違うのはテクスチャーだけではなく、ラメラ構造による効果です。通常のオールインワンと言えば「1個で済むけど、潤いはイマイチ」という印象ですが、ラメラ構造化粧品コンシダーマルは、「ライン使い化粧品よりも潤うし、効果がある」と感じるほどの高機能オールインワン基礎化粧品です。100%ラメラ構造を完全に実現した構造なので、お肌への浸透力と潤いの持続力が、他の保湿化粧品とは比べ物になりませんし、潤いを与えるだけなく、肌内部の潤いをキープする力を取り戻してくれるのです。

そこまで効果があると、気になるのがお肌への負担ですが、低刺激処方で、敏感肌の人も安心して使えるようになっています。肌に負担をかける「香料、鉱物油、着色料、パラベン、アルコール」などの成分は一切入っていませんし、パッチテスト、アレルギーテスト、チクチクむずむずテストも実施済みです。1本6役(導入液、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パック)だから、摩擦の刺激も最小限の1回で済むので、とても肌に優しいんです。

低刺激だから、乾燥肌が原因で敏感肌になってしまった人も安心して使い続けることができますね。ラメラ構造を整えることで、潤いをキープできる肌になるということは「シミ」「毛穴の開き」だけではなく、「たるみ」「そばかす」「小じわ」と言ったトラブル肌も徐々に解消できるということです。この全ての効果をたった1本で済ませることが出来るオールインワンは、コンシダーマルだけだと思います。
お肌の悩みを短時間、低価格、低刺激で一気に解決しようと思ったら、コンシダーマルスキンライズローション一択です!万が一のときの90日間返金保証も付いているので、ラメラ構造化粧品コンシダーマルスキンライズローションをぜひ安心してお試しください。

 

公式サイト

 

 

 

 

【あわせて読みたいコンシダーマル関連記事】
コンシダーマル口コミ評価@オールインワンはシミ・毛穴に効果なし?

 

コンシダーマルでニキビ悪化?実際の評判と定期コースの上手な解約法